みなさん、こんにちわ

今回は、「HMB POWER BOOST」「鋼」を比較していきます。

 

 

 

 

HMB POWER BOOSTと鋼

 

 

そもそも、二つの商品ってなんなの?って方へ、簡単に説明します。

HMB POWER BOOST(以下:HMBPB)も鋼も、一般的に「HMB」と呼ばれ、高品質なアミノ酸のみを抽出したものです。一言でいうと強化版サプリメントです。

それを理解したうえで、両者の違いについて比較してきます。

まずは、「HMBPB」の特徴から

 

 

【特徴】

① 高品質なHMBを贅沢に使用

 ― 貴重で微量にしか手に入らない高品質なHMBを90000mgとたっぷり配合。

② 低カロリー

 - 気になるカロリーも1粒あたり1.0kcal徹底的に抑えられたカロリー

③ 安心の国内製造

― 製造から出荷まで全工程を日本で行っており高品質な商品をお届けしております。

 

つづいて「鋼」の特徴を述べていきます。

 

 

【特徴】

① 大量配合のHMBに加え、充実のビタミン群

― HMBカルシウム90,000mg+クレアチン70,000mg+BCAA+クラチャイダム。

さらにビタミンD:450μg/(1粒当たり1μg)、ビタミンB各種を配合したマルチサプリメント

 

② 錠剤がコンパクトなサイズで飲みやすい
― 錠剤サイズは9mm×6.3mmと出来る限りコンパクトにすることで、
とても飲みやすいサイズとなっています。

 

③ 安心の国内製造に加え、製薬会社に製造を依頼

― 鋼もHMBPB製造から出荷まで全工程を日本で行っていることに加え、製造会社が「寛政2年(1790年)創業、200年以上の歴史を持つ老舗の製薬会社」に依頼している。

 

 

HMB POWER BOOSTと鋼の価格比較

 

つづいて価格面から比較します。

 

HMBPB ¥ 2,000
¥ 3,140

 

※どちらも1か月分の価格です。

※価格は2019年4月1日現在:アマゾンより引用

 

価格面では、1140円もの差がありますね。

この差は継続するとなれば、結構大きな差になってきますね。

1年間継続したとすると、¥13,680円ですのでこれは大きいですね。

次は、この価格差が成分でどのような違いを生んでいるのか比較していきます。

 

HMB POWER BOOSTと鋼の含まれている成分を比較

【HMBPB】

HMBカルシウム(90,000mg)、還元麦芽糖水飴/結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、HPC、アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

 

【鋼】

HMBカルシウム(90,000mg)クレアチンモノハイドレート(70,000mg)、クラチャイダム末、L-ロイシン、ビタミンC、L-バリン、L-イソロイシン、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンD(450μg)、ビタミンB12HPC、ショ糖エステル、ステアリン酸Ca、微粒素二酸化ケイ素

両者の大きな違いとして、鋼には高品質で大配合のHMBに加え

クレアチン、ビタミンDやビタミンB群といったBCAAやビタミン類が多く配合されているのが特徴で

価格の差もここに表れているのでしょう。

 

HMB POWER BOOSTと鋼の口コミ比較

 

HMB POWER BOOSTの口コミ

 

ダイエットのためカロリー制限と継続的な運動をしていましたが、体重も筋肉も落ちてしまいました。
筋肉を元に戻すために当初はプロテインと併用していたが、効果が出なかったため、試しにHMBPB使うと、筋肉も戻りつつあり、効果を確認することができました。
価格もお手頃なのでもう暫く使用して様子を見てみたいと思います。
長時間の立ち仕事で毎晩脚がつっていたが
飲みはじめて2日目から3日連続でつっていない。
つった時は夜にもがいていたので、脚とかつりやすい人にお勧めです。
筋肉を付けるために購入しました。
購入してからしばらくしましたが、筋肉が多少ついた感じがします。
トレーニングをして商品を摂取し、筋肉をつけています。

鋼の口コミ

 

産後、妊娠前と同じ様な食生活を送ってますが、全く体重が落ちず危機感が募った為今回こちらを購入しました。
私情によりジムには通えないですが、マラソンや家で出来る筋トレをし、こちらを飲む事によって弛んだ脂肪も少しずつ変化が見えて来た気がします。
引き続き試してみたいと思います。
鋼に変更して約14か月経過しました。
トレーニング中は持続力が増し、翌日はトレーニングが足りなかったかと思うほど
筋肉痛が軽減されているように感じます。
体感したこととして挙げると
筋トレをしても翌日の筋肉痛があまり感じなくなりました。
ランニングを10km走りこんでも疲れがあまり出ません。
「キツメ」の筋トレをする方の補助サプリかと思います。
筋肉量を増やしつつ、体脂肪を減らすということが実現されているのかなと思います。

口コミのまとめ

 

【HBMPB】

・お手頃の価格なので、経済的にも続けやすい

・筋トレ以外の足のつりや肩こりなど、日常生活の補助サプリとしても使える

 

【鋼】

・BCAAやビタミン群が配合されているため、筋肉の回復が早い

・プロテインと併用して飲むことで、プロテイン単体よりも筋肉のつきが早い

 

 

飲みやすいのはどっち?

 

 

 

両方、錠剤タイプのサプリメントですので、大きな違いはありませんが

「鋼」のほうが、錠剤が小さいので、その点「鋼」のほうが飲みやすと言えるでしょう。

 

 

続けやすいのはどっち?

 

 

 

経済的な面で、「HMBPB」のほうが圧倒的に続けやすいです。

年間約15000円もの差額が発生するので、ここは大きな差といえます。

しかし、BCAAやビタミン群の錠剤を別で購入しようと検討されている方は

上記が複合的に配合されている「鋼」の購入も視野に入れてもいいかもしれません。

 

よって

 

経済的に余裕のある方 ⇒ 「鋼」

まずはお試しでHMBを飲用されたい方 ⇒ 「HMBPB」

 

 

と理解するとよいでしょう。

 

 

まとめ

 

ここまで、筋トレの補佐役を担うHMBを①価格、②成分、③口コミ

3つの点から比較してきました。

 

以上をまとめると

 

 

筋トレ初心者や中級者の方で、筋トレの効果をより発揮させたい方

まずは、HMBをお試しで使用されたい方

ダイエットなどの効果がいまひとつな方

 

 

⇒ 「HMBPB」をおすすめします。

 

一方で

 

筋トレ上級者でさらなる高みを目指す方

筋トレやプロテインにある程度の知識と経験のある方

BCAAやビタミン群のサプリを別で購入し、摂取している方

 

 

⇒ 複合型HMBの「鋼」をおすすめします。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

みなさまの筋トレ生活に一つでもお役に立てるとうれしいです。

健康的な生活を送り、日々元気に過ごされることをお祈りしています!