プロテイン選びに迷うことはありませんか?いろんな会社からいろんな種類・味のプロテインが出ており、なにが美味しいのか、なにが効果が高いのか分かりませんよね。
そこで今回は、ザバスとFIXIT2社のプロテインの価格や成分、口コミなどを徹底比較していきたいと思います!

ザバスとFIXITの価格比較

まずは気になる、ザバスとFIXITの価格を比較していきたいと思います。毎日飲むものなので、少しの金額差が大きな出費の違いになってきます。
まずはザバスのホエイプロテイン(バニラ味)とFIXITのホエイプロテインDAILY BASIC()の比較をしていきます。
・ザバス ホエイプロテイン(バニラ)約1kg(50回)→4002円
一回あたりの値段は約80円
・ザバス ホエイプロテイン(ココア)約1kg(50回)→3925円
一回あたりの値段は約78円
・FIXIT DAILY BASIC(ナチュラルバニラ)1kg(50回)→2980円
一回あたりの値段は約60円
・FIXIT DAILY BASIC(ナチュラルストロベリー)1kg(50回)→2980円
一回あたりの値段は約60円
・FIXIT THINK SIMPLE(WPI)1kg(50回)→3780円
一回あたりの値段は約76円
・FIXIT THINK SIMPLE(WPC)1kg(50回)→2580円
一回あたりの値段は約52円
(価格はAmazonのメーカーストアを参照)
ザバスのホエイプロテイン2種類と、FIXITのDAILY BASIC2種類、THINK SIMPLE2種類を比較させてもらいました。
ご覧のように、全ての商品においてザバスよりFIXITのほうが安いことがわかります。
プロテインは価格が全てではないですが、もし成分や味に大きな差がないのなら、FIXITの方がお得だといえます。
筆者自身、さまざまなプロテインを取っ替え引っ替えしておりますが、最終的には価格を優先してしまいます。
なぜなら今はどこのプロテインも一定以上の味のクオリティが伴っているので、よほどグルメじゃない限り味の違いを意識することはないからです。
では、もう一つ大事なポイントになるプロテインの成分について、次の章で見ていきます。

ザバスとFIXITの含まれている成分を比較

ここからは、ザバスとFIXITのホエイプロテインの成分を比較していきたいと思います。
基本的に一食分の分量になります。
ザバス ホエイプロテイン(バニラ)
・熱量:82kcal
・タンパク質:15.0g
・炭水化物:2.98g
・脂質:1.2g
・食塩相当量:36〜69mg
原材料名
乳清たんぱく、デキストリン、植物油脂、食塩、乳化剤(大豆を含む)、V.C、香料、増粘剤(プルラン)、甘味料(スクラロース・  アセスルファムk・)、ナイアシン、V.B2、v.b1、V.B6、パントテン酸Ca、葉酸、V.B12
ザバス ホエイプロテイン(ココア)
・熱量:83kcal
・タンパク質:15.0g
・炭水化物:2.70g
・脂質:1.3g
・食塩相当量:100mg
原材料名
乳清たんぱく、ココアパウダー、デキストリン、植物油脂、食塩、乳化剤(大豆を含む)、V.C、香料、増粘剤(プルラン)、甘味料(スクラロース・  アセスルファムk・)、ナイアシン、V.B2v.b1V.B6パントテン酸Ca、葉酸、V.B12
FIXIT DAILY BASIC(ナチュラルバニラ)
・熱量:118kcal
・タンパク質:22.8g
・炭水化物:3.1g
・脂質:1.6g
・食塩相当量:0.2mg
原材料名
乳清たんぱく濃縮物、レシチン(大豆由来)、食塩、香料、甘味料(アスパルテーム ・L-フェニルアラニン化合物)
FIXIT DAILY BASIC(ナチュラルストロベリー)
・熱量:118kcal
・タンパク質:23g
・炭水化物:3.1g
・脂質:1.6g
・食塩相当量:0.1mg
原材料名
乳清たんぱく濃縮物、レシチン(大豆由来)、香料、甘味料(アスパルテーム ・L-フェニルアラニン化合物)
と、このようになります。
一覧にすると分かりやすいですが、FIXITのほうがカロリーが高くなっております。
でもその分、FIXITの方がタンパク質含有量も高いという利点もあります。
カロリーとタンパク質のどちらを取るか、という選択になるでしょうね。
<h3>FIXITの特徴</h3>
FIXITには、独自のこだわりがいくつか見られるのでご紹介していきます。
<h4>①中国製品未使用</h4>
FIXITは、原材料に中国由来のものを使っておりません。
全て日本で製造している純日本製です。
やはり、毎日口にするものだからこそ、品質にはこだわってもらいたいですよね。そんな消費者の願いにしっかり応えてくれているところに、こだわりを感じます。
<h4>②溶けやすい設計</h4>
FIXITのプロテインは、水に溶けやすい性質をもっています。
筆者自身も、プロテインを飲もうとして水や牛乳に溶かしたのに、粉っぽかったり玉になっていることがあります。
FIXITのプロテインを使えば、そんな悩みも解決してくれそうですね。
<h4>③増粘剤・保存料・粉末油脂不使用</h4>
「なるべく無駄なものを体に入れたくない」という人にとっては、FIXITは最適なプロテインといえるでしょう。
増粘剤や保存料、粉末油脂といった人工物をなるべく使わないようにするというこだわりが見られます。

ザバスとFIXITの口コミ比較

ではここからは、実際に使っている消費者の口コミを見ていきたいと思います。

ザバスの口コミ

ザバスは言わずと知れた、プロテイン会の代表的なポジションにいるメーカーです。
良い口コミ
「プロテインといえば、美味しくないものとばっかり思っていたら美味しくてびっくりしました。
冷たい牛乳だと少し溶けにくいのですが、水だとすぐに溶けます。
卵を入れると美味しいミルクセーキになります。」
「息子が美味しいと言って毎日飲んでいます。」
「ホエイが一番いいと聞いて、毎朝飲み続けるには負担も軽いコスパのいいザバスを買いました。バニラ味は飲みやすいし、筋肉の張りもいいので、毎朝欠かさず飲んでます」
悪い口コミ
「レビューを見て良かったから買いましたが、溶けにくくてダマになるので私はダメです。」
「初めて国産のプロテインを購入しました。泡立ちがすごくて、味も薄くて私には合いません。海外品と比べると栄養価も値段と釣り合わないです。薄味が好きな方はいいと思います。」

FIXITの口コミ

では次に、FIXITの口コミを見ていきます。
良い口コミ
 「とても美味しいので、トレーニング後に飲むのが楽しみです!たんぱく質を摂っているせいか肌や髪の毛の質もよくなった気がします。」
「他のプロテインに比べてとにかく美味しくて飲みやすい!以前はトレーニング後のみプロテインを使用してましたが、こちらを購入してからは毎日飲んでいます。」
「パッケージのデザイン、質感、スプーンの使いやすさもきにいっています」
 「とても飲みやすい!お水を少なめにして飲むのが1番おすすめ。ダマにもならないし溶けやすいです。」
「値段が安いので学生とかにもオススメです。」
「ホエイプロテインの量はザバスと同等ですが、価格はこちらの方が安いです。」
「甘さは控えめで、紅茶の味がして抵抗なく飲めます。」
悪い口コミ
「ビタミン類が入っていないため、たんぱく質以外の栄養摂取ができません。」
「人工甘味料が発がん物質である可能性があるアスパルテームなのが非常に残念。あとはチョコ味も欲しいですね」
「前に注文した時にはバニラビーンズがたっぷり入っていましたが、今回は全く入ってませんでした。特別感があったのに残念です。」

口コミのまとめ

<h4>ザバス</h4>
ザバスの口コミを見ると、美味しいけど粉っぽい、玉になりやすという欠点があることがわかります。
また、泡立ちがあるという意見もあり、それだけでお腹が膨れてしまう可能性があるという欠点にもなります。
<h4>FIXIT</h4>
一方でFIXITは、安いし玉になりにくけどタンパク質以外の成分がとれないとか、余計な成分が入っているなどの含有物に関する意見も見られました。
しかし、インスタグラムで話題になっていたという話もあり、パッケージなどのデザインが洗練されているというポイントがあります。
いずれにしても、自分が優先するポイントを決めてそれに合うようなプロテインを見つけていきましょう。

飲みやすいのはどっち?

飲みやすさはいくつかの指標があると思いますが、FIXITに軍パイがあがります。
なぜなら、ザバスより玉になりにくく甘すぎないからです。
甘党の方はザバスでもいいですが、そうじゃない方はFIXIYの方が向いてると思います。
でも、味の種類が多いのは圧倒的にザバスなので、自分好みの味を見つけやすいというメリットはあります。

続けやすいのはどっち?

続けやすさという観点でも、FIXITです。
まず何よりも安価であることが一番の理由です。
また、甘すぎないので飽きがこないというのも大きな要因になります。
プロテインは毎日のように摂る人が多いので、続けやすさは非常に重要です。

まとめ